コーチング × キャリア × 豊富な現場知識 で、「人育て」をトータルサポートします。東京・埼玉・神奈川で、研修・セミナーとパーソナルサポートを提供する「プロ・サポーターズ」です

3・就職、再就職のリアル

  • HOME »
  • 3・就職、再就職のリアル

2006年から、ハローワークの基金訓練の各種講座の中で月に1~2回設定されている就職支援(書類の書き方、面接の受け方等)や、受講生の方に対する
キャリアコンサルティングに従事しました。

このころには、2002年から学んだコーチングのプログラムも終了していたので、キャリアの勉強をし、2007年にCDAという資格を取得しました。

2008年のリーマンショックの頃には、外資系再就職支援会社にご縁をいただき、主に中高年の方の再就職支援に従事し、常時30名前後を担当、
毎日カウンセリングを行い、毎日求人票を見ていました。

年齢的に、お子さんが思春期の方が多く、まだまだ物入りで、
給与面では妥協できない、という方が多くいました。
ごもっともだと思います。

そんな求職者の方に対して、私は、自分が担当する方の応募のお手伝いをし、
面接練習をし、面接の振り返りや、報告を聞いてのフィードバック等を行うのですが、
これが、大変しんどい作業でした。

何がしんどいかって、労働市場という相手のあることなので、
こちらがいくら頑張って、誠意を尽くしても、結果が思うように出ない、ということが
しんどかったです。

担当する私もしんどかったので、応募をしている当事者の皆さんは、
もっとしんどく、辛い作業だったと思います。

そうなると、メンタルが病んできます。
「家族にも迷惑をかけてしまっている」と考えるような、
真面目で誠実な方ほど、メンタルを病んでしまっていたように記憶しています。

メンタル不調になると、本来のその方ではしないような、
大声で恫喝するとか、私を罵倒するような、そんなこともあったりしました。
伝え方の差こそあれ、一様に伝わってきたのは「辛いんだ、早く何とかしたいんだ」
ということでした。

マズローの5段階欲求説でいうところの、「3・愛と所属の欲求」が
欠けてしまっているんですもの、当然の思いだと思いながら、
お気持ちを受け止めていました。

新卒の就活でも、同じことが言えます。
「学校」という所属がもうすぐ終わるのを前に、
新しい所属を決める作業が、就活です。

ただ、学生の就活は、社会人のそれと、スケジュールや段取りに少し違いがあって、
それらを、大学の授業等でお伝えしています。

くわしくは、こちら。

お気軽にお問い合わせください TEL 050-5875-7961 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

2018年10月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGETOP
Copyright © プロ・サポーターズ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.